僕は就活を証明しようと思う。

完璧な就活というものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

就活生よ!三井不動産を褒めるな!むしろディスれ!!そして愛せ

skogaku.hatenablog.com 以前こちらの記事で大きな反響をいただいた企業を褒めるな!ディスれ!による企業研究シリーズ第3弾。今回初見の読者にも簡単に説明をすると、企業は自社を好きな人が欲しいのではなく、自社を成長させてくれる人がほしい。ならば企…

#就活をもっと自由に、への違和感を証明しよう。

賛否両論を巻き起こしているP&G社の #就活をもっと自由に キャンペーン、である。 このキャンペーンはP&GとPR会社、就職支援会社のワンキャリアさんがタッグを組んで行ったようなのだが、キャンペーンそのものから、その後の盛り上げ方について得体の知れぬ…

高校生の時に知りたいマネーリテラシー【ふるさと納税編】

PR

┃資産形成の方程式 僕は高校の授業でマネーリテラシーを教えるべきなんではないかと常々思っている。 なぜなら資産形成の恒等式なんて高校で習うどの公式よりも簡単だ。 資産 = (収入 - 支出)× 運用利回り これが美しき恒等式だ。どうだ、数列の公式よりよ…

忖度なしで就活生の情報収集におすすめしたいTwitterアカウント30選

┃彼を知り己を知れば百戦殆からず 持論だが就活は情報戦だと思っている。私が就活していたときは、スマホなんて存在しなかったしSNSもmixiがあったくらいだ。なので、企業と就活生の間の情報の非対称性はあまりにも強く、先輩達の口コミや、webなら2chやみん…

「就活やめないなら内定とかださないから」について考えてみた

本記事はオンク氏(@it_warrior_onc)のブログのオマージュでお届けする。www.onclog.com 「内定を出そうと思うけど、6/1,2の内定者研修来られる?」 ******************************************* 最近季節がらかTwitterやメディアで就活生のオワハラの被害…

もし村上春樹が、こじらせ就活生だったら

「内定はお祈りの対極としてではなく、その一部として存在する。」 *** その日、僕は極めて人の多い鉄の塊(おそらくぞくにいう満員電車というやつだ)に乗り、面接が予定されている会場に向かった。満員電車というものは乗るのがいつであっても、とんでもな…

僕は「10年後の仕事図鑑」を就活生向けに再編集しよう。

┃10年後の仕事図鑑を就活生向けに再編集しよう 10年後の仕事図鑑 作者: 堀江貴文,落合陽一 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2018/04/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 堀江氏と落合氏による共著。筆者は最初タイトルから、10年後…

就活生よ!ZOZOを褒めるな! むしろ正しくディスれ!けなせ!

┃ワークすると超強力。ディスる技術 就活生が面接でやるべきことは会社を褒めることではない、むしろ必要なのは、真逆のディスる技術だ。まず、本家恋愛工学でのディスる技術を説明するならば、女をディスることで価値を吊り下げ、自分と対等、もしくは自分…

脱非モテ就活生はどう生きるか。

この世の中には二種類の就活生がいる。企業に媚びへつらう就活生と、企業が媚びへつらう就活生だ。— ワタナベカズキ (@skogaku) 2018年4月8日 ※上記は筆者のTwitterなのでよければフォローしてほしい。所属企業の関係もあり匿名でやりたかったためアカウント…

就活生よ!じげんを褒めるな! むしろ正しくディスれ!けなせ!

就活支援会社がビジネスモデルの関係で言いたいけど言えないこと、でも学生は知っておかないといけないことをお届けする企業の採用証明シリーズ第2弾。 今回は「愛情、友情、平尾丈」のキャッチフレーズでお馴染み?のじげんを扱ってみたい。 ※支援会社が真…

僕は最強の恋愛工学戦士が誰だか証明しよう。

本ブログの元論文である本家「ぼくは愛を証明しようと思う。」内のベーシック理論、恋愛工学。そして恋愛工学の学習者は工学生、恋愛工学戦士などと呼ばれる。Twitter界隈には、その戦士が多数存在し、コミュニティとなっている。 その数多の恋愛工学戦士の…

「志望動機」がもたらす非モテコミットという悲劇

「志望動機はなんですか?」この質問に対する答え方に迷う就活生も多いだろう。答えは前回エントリー「僕は内定の方程式を証明しよう。 」で少し触れたとおり、シチュエーションによって違う、だ。今回のエントリーでは早い段階での面接というシチュエーショ…

僕は内定の方程式を証明しよう。

就活に悩んで自己啓発本を読んでいる諸君に告ぐ。いますぐその本を閉じて騙されたと思って「ぼく愛」を読んでみてほしい。そしてワタナベ君が気がついた強力なモテの方程式を身につけるのだ。 自分の「核」は努力だ!とか痛々しい自己分析をしている場合でも…

僕はネットプロテクションズの採用を証明しようと思う。

※本ブログは就活生と企業の間の情報の非対称性を悲しんだ筆者が趣味の一環として企業を主観で分析する記事です。そのため、基本的には筆者が実際に肌感を持っている企業を対象に主観をふんだんに込めて書いていることをご了承ください。 "完璧な企業などとい…

内定がないから内定がない。みんなモテる人が好きなのだ。

「ねえ、つくる、君は内定を手にいれるべきだよ。どんな事情があろうと。私はそう思う」(色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年)※一部編集 僕もそう思う。 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 文藝…

恋愛市場における男女の性差は就活シーンにおいてどうなるか

本エントリーはこの後度々出てくるベーシック理論になるため 特にこの記事でフォーカスすべき内容はないという前提で書いておく。 村上春樹の本質を知らないで、村上春樹作品を読んだら、すぐに出会った女を抱きながらカシューナッツを食べる"ワタナベ"にイ…

僕は愛を証明しようとは思わないけど、就活は証明しようと思う。

藤澤数希氏の「僕は愛を証明しようと思う。」 蜜壺自衛軍?かどうかネーミングは忘れたが、彼ら彼女らを中心に賛否両論あるのは否定しない。というよりもあってしかるべきだろう。ただ個人的には著者の意見には大賛成である(そもそも賛成でなければこんなタ…